粗大ごみの回収を自治体にお願いする場合の手順と費用


粗大ごみの処理は、不用品回収業者だとかなりの費用が掛かりますが、自治体ですと100から1000円ぐらいで価格も安いです。
この粗大ごみも自治体によって区分が違っていますので、回収金額にも差があり、物によってはあるところでは粗大ごみでも違うところでは、普通ごみになったりします。
その回収手順ですが、まず自治体のだすゴミの種類のガイドブックもしくはホームページにて対象になるかどうか確認し、指定のところに回収予約の電話もしくはインターネットで予約しますと、申請受理番号を付与してもらえてこれを記録しておきます。
そして費用の支払い方法ですが、たいていはコンビニエンスストアやスーパー、小売店で販売されている回収チケットを対象物の決められた金額にそって購入し、その余白に受理番号を記入してごみ収集の指定された日まで待ちます。
その指定日は、概して申し込み日の3日以降です。
不用品回収は迅速対応のエコスターにお任せ
その指定日が来たら、指定された決まった場所に粗大ごみをそのチケットを貼りつけて置いておきます。
そのゴミ収集車がもっていってくれるという流れです。
この自治体の方法で注意しなければならないことは、予約即日の回収はしてもらえないので急な引越しには対応が難しいです。
また指定の日の指定の時間におかなければならず、重いものでもそこまで自分で運ぶ必要があり高齢者や体の不自由な方に使えない方法ともいえます。
しかし値段の安さは、さすがに自治体のものなので業者とは比較にならないほど安いので使えるなら使うほうがいい方法です。