主婦の季節の料理


一汁三菜がご飯を食べる上で理想として言われていますが、毎日料理を作る主婦としては、献立を考えるだけでも大変な作業です。
健康第一だからと言って、毎日お肉やお魚などを使っていると、家計も破たんしかねません。
そのため賢く節約をしながら、毎食栄養バランスのとれた献立を考える必要があります。
節約料理をするために大切なことは、作り置きと冷凍保存を上手に利用することです。
野菜などは昔と比べて全体的に値段が高めになっているため、安売りの時に手に入れておくことがとても重要です。

たとえば大根やレンコンなどは、天日干しにすればある程度日持ちがして、とても便利です。
天日干しにすることによって、栄養やうまみも増すため一石二鳥ということです。
このほかには、こんにゃくや豆腐はどこのスーパーでもほとんど値段は変わらず低価格なので、常備しておくと何かと便利に使うことが可能です。
こんにゃくは下ごしらえをして冷凍しておくと、お肉のような触感が変わり、料理のレパートリーも増やすことが出来ます。
豆腐はハンバーグやお好み焼きなどに混ぜて入れると、かさましになって節約にもつながります。
美容にも豆腐は効果があるため、節約をしながらキレイにもなれるということです。
そして節約料理でとても活躍してくれる食材はもやしです。
もやしは賞味期限は短めですが、サラダにしたりナムルにしたりと、料理のレパートリーが豊富にあるので、節約料理をしたい主婦にとっては強い味方と言えます。